あまりにも巨大になりすぎた宗教団体の実力!

冒頭申し上げておくが、今回の記事は私個人の妄想という事にしておきたい。

以下、私の独り言とさせて頂く。Photo

皆さんは「創価学会」にどんな印象を抱いているであろうか?

私は一言で申し上げるなら「創価学会」は北朝鮮とそっくりの組織であると思っている。

池田大作」を絶対的な指導者とした独裁体制であり、計り知れない資金をバックに官僚・財界・暴力団そして「創価学会インターナショナル」(通称SGI)をバックにどんな違法行為も金で解決可能な、宗教を隠れ蓑にした強大な組織といえる。

真相は深い闇の中であるが「池田大作」においても「小沢一郎」と同様に朝鮮人との噂が絶えない。もちろん「創価学会」の幹部も殆ど朝鮮人で占められているとの事である。

皆さんは「聖教新聞」を御存じであろうか?

「創価学会」の機関紙であり、世界第3位の販売部数を誇る、有力な資金源のひとつである。

その販売部数は550万部ともいわれ、読売新聞(1000万部)、朝日新聞(800万部)に次、毎日新聞(390万部)を超える。

この「聖教新聞」であるが必ず日本と韓国、中国を論じる際には、「韓日」・「中日」という言葉が出てくる。「日韓」・「日中」では無いのである。

下の画像は電車の中刷り広告であるが、はっきりと「韓日友好」となっている。

さらに右下の「聖教新聞」には「中日友好」となっている。

「池田大作」が日本人なら、こんな記事にはならないと思うが・・・

.

「創価学会」は宗教団体であり「公明党」の支持母体であるea666db7.jpg

「公明党」自体が「創価学会」の一部なのである。政党とはいえ、殆ど支持者は信者に限定されている宗教政党である。

時に議論される日本国憲法の「政教分離原則」についてであるが、宗教信者の政治参加まで禁止されているものでは無く、国家権力の宗教介入を禁止しているものであり、国家は宗教団体に「政治上の権力」を行使させてはならない事なのである。

「政治上の権力」とは、立法権、課税権、裁判権・公務員の任免権・同意権等である。

「公明党」をこれに当てはめてみると奇妙な事がわかる。

.

.

それは昨年まで約10年間政権与党の立場にあり、国家権力の一部になってしまった事実である。

.野党の座にあるが、既に霞が関の中枢は創価学会員で支配されている」

そもそも問題の本質は、「公明党」が「政教分離原則」に抵触しているか否かでは無く、「創価学会」が宗教団体といえるか否かである。3f15c15c.png

宗教団体にしては強大になりすぎた政界・財界・マスコミへの影響力と莫大な資金力は、もはや宗教団体として論じるには無理がある。

 その実態を追求し糾弾する政治家並びに識者は殆ど皆無であり、議論そのものがタブー視されており、この問題の表面化を必死に阻止しているのが、「公明党」であり「創価学会」なのである。

即ち、現在は一時的に政権から離れているものの国家権力によって特定の宗教団体への特別扱いは明らかに憲法違反である。

「創価学会」の宗教団体としての妥当性は検証も議論もなされず、国会において「池田大作」・「創価学会」はNGワードなのである。

数少ない「創価学会」をとりあげた国会議員の主張を拝見して頂きたい。

まずは野党時代の国民新党、亀井大臣が「創価学会」に物申す。

次は野党時代の民主党、石井一議員の「創価学会」追求!

親分が「創価学会」と握手した今後、石井議員はどうするのだろうか・・・

マスコミは一切の議論を封印されているのが現実なのである。

新潮社が週刊誌に問題点をあぶりだしたところで、事実の真偽はともかく警察・マスコミ・裁判所まで影響力をもつ相手には名誉棄損で訴えられて敗訴し和解金を支払う羽目になっているのが実態である。

ちなみにアメリカ連邦最高裁判所は

1.政府の行為は適法で世俗的な目的をもつものでなければならない。

2.政府の行為はその主たる効果が宗教を助長または抑制するものであってはならない。

3.政府の行為は政府と宗教との「過度の関わり合い」をもたらすものであってはならない

上記の3原則を「政教分離原則」の根幹に据えている。

特定の宗教団体の信者により構成されている政党が政権与党にあって国政を左右するのは論外であり、例え野党であっても国政に大きな影響力をもつ事は極めて問題があると言わざるを得ない。

以前より国内における「創価学会」に対する国民の懐疑的な感情は、得体の知れない宗教団体の政治的影響力の増大に対する不信感のあらわれであると言えよう。

ここで元公明党委員長の「矢野絢也」氏の告発をご覧頂きたい。

当然ながら「創価学会」の信者全てが異質で危険な集団というわけでは無く、普通に一般社会にとけ込み政治的活動を好まない信者も多数存在するし、学会活動そのものに参加していない幽霊信者も大勢存在する。

「池田大作」によって騙され搾取され続けている善良な日本人や世界各国の創価学会員が大勢存在しているのである。創価学会員もまたある意味、かつてのオウム真理教の信者の様に被害者である。

信者の多くは共通点がある。それは病気・貧困等によって精神状態が不安になっている時に巧みに入信させられているという事である。

「お題目を唱えれば必ず幸福になれる」「病気も治る」「貧乏から脱出できる」「叶わない願いは無い」等、非科学的な精神論と「池田大作」のカリスマによって成り立っているのだ。

確かに人類は古代より祈りをささげており、信仰心によって民族の団結をはかってきた。

宗教と人種は国家の源であると共に争いの元凶ともなっている。

日本において、かつて「創価学会」程の巨大でインターナショナルな宗教団体は歴史上存在した事が無かった。Photo_4

公称800万世帯という国内信者と海外数192カ国の規模を年々拡大し続けており、世界平和を理念に掲げてはいるものの、我々に届く情報や評判は決して良いものではなく、フランスでは、カルト宗教に認定され活動停止に追い込まれている。

さて、「創価学会」の実態を把握するには今回の記事だけでは、とうてい語りきれるもので無いし彼らの真の目的を知る事は不可能である。

私は過去に起きた事柄と現実にある事実を踏まえて、客観的に「創価学会」の歴史・政治力・資金力・真の目的の4方面から分析し、その実態に迫りたいと思っている。

現在、「小沢一郎」の私物化した民主党による連立政権は早くも大きな転換期を迎えている。

国民新党や社民党の主張が閣内不一致を常態化させている。

.

.「外国人参政権」・「人権擁護法」・「夫婦別姓」等の日本国家解体3大悪法は反対世論と国民新党がなんとか阻止しているのが実態だ。

「池田大作」はこれらの悪法の成立に全身全霊をかけている。

↓「チャンネル桜」より

↓3月13日の産経ニュースをご覧頂きたい。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100313/stt1003130116000-n1.htm

 つい数日前、昨年の衆院選で子供手当に真っ向から反対していた「公明党」が修正という名目で政権与党に急接近し、民主党も「小沢一郎」の意向で国民新党と社民党抜きでの法案修正を認めたf0f72d19.jpg

 政治と金の問題で、きたる参院選が民主党にとって厳しいのは明らかである。「公明党」を取り込む事によって、「創価学会」は民主党の覚せい剤となるだろう。

 例え選挙で単独過半数を得られなくとも「公明党」との協力で安定した政権運営が可能となる。その時、国民新党と社民党は捨てられる。

 かつて自民党が延命を図る為にした行為が再び繰り返されようとしている。

.

.

権力を執拗に追い求める「小沢一郎」と「池田大作」は強力なタッグを組む事になる!

中国共産党の手先である、在日朝鮮人支配の幕開けだ!

(敬称略) 

続編は3月21日(日)掲載予定

追伸:反創価学会デモが3月6日「創価学会」の牙城である東京信濃町で開催された。

.

.

西田議員のビデオレター

【読者の皆様方へ】

 この問題は、もはや放置できない状況下にある。皆様方のこの問題に関するご意見ご感想を是非とも頂きたく、コメント願えたら幸いであります。むろん反論でも構いませんので宜しくお願い致します。

web拍手

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

小沢一郎は日本人ではなかった(H22.3 改訂版)

小沢一郎の正体!これぞ爆弾発言!(H22.4 改訂版)

小沢幹事長不起訴決定!国家解体法案の始動(H22.3 改訂版)

元最高裁判事が外国人参政権に待った!(H22.3 改訂版) 

それでは今週の1曲です。

パソコン工房