検察は裏金隠しで四苦八苦

第1章 小沢擁護論・・・検察こそ巨悪であるPhoto 

小沢氏聴取15日~17日特捜部に回答 (読売)

いよいよ政界はクライマックスに突入した。

マスコミの報道で「小沢一郎」は既に犯罪者扱いである。

確かに歴代3名もの秘書だけ有罪で政治家が無罪と言うのは、国民には納得出来ない。

しかしながら虚偽記載を「政治資金規制法」違反として起訴するならば、先の「鳩山総理」の母からの資金提供は何故、虚偽記載とならないのか?

故人からの献金を装った虚偽記載は不起訴処分となり、「検察審査会」においても不起訴が確定した。

鳩山総理の虚偽記載は政治資金収支報告書への誤記入若しくは記入漏れとして処理され修正申告し税金を納めて幕が引かれた。

鳩山総理は「私は知らなかった」と発言して秘書のみ起訴されたのである。

2010年4月、鳩山の秘書に対して政治資金規正法違反で禁固2年、執行猶予3年の有罪判決が言い渡され、確定した。

鳩山総理には、この他にも事務所費虚偽記載問題や資産の記載漏れ等が発覚している。

検察も国税庁も法を犯し脱税する総理を容認したのである。Photo_2 

鳩山総理の脱税額

同時期に自民党の「鳩山邦夫」元法務大臣も同様の容疑が発覚したが、捜査すらまともに行われず会計責任者の秘書もお咎め無しである。

鳩山邦夫が知らなかった資金提供額と脱税金額

つまり、鳩山兄弟は2人で約11億円脱税していたのである。

「小沢一郎」の元腹心である自民党「二階俊博」元大臣も昨年に同様の事件が発覚した事は記憶に新しい。

自民党二階派の政治団体は「西松建設」からダミー団体名義でパーティー券代を受領していたが、検察は「二階俊博」は不起訴、当時の会計責任者は「略式起訴」とした。

検察は極めて不自然で不公平な対応をしている事がわかる。

ここに、既に判明している西松建設より献金を受けていた国会議員をあらためて列挙しておく。

自民党「*森喜朗」・「*二階俊博」・「*加藤紘一」・「*山口俊一

自民党(古賀派・旧谷垣派)「*古賀誠」・「*山本公一」・「*川崎二郎」・「加納時男

民主党の「小沢一郎」・「山岡賢次

たちあがれ日本の「藤井孝男

新党改革の「渡辺秀央

自民党落選者の「*尾身幸次」・「藤野公孝

*印は「日韓議員連盟」所属議員で会長は「森善朗」である。

.

小沢擁護派は一貫して、検察と自民党の癒着を指摘しており背後のCIAの圧力と断言している。

2009年3月漆間巌(うるま・いわお)内閣官房副長官(前警察庁長官)は、軽率にも「西松建設の違法献金事件に関する東京地検特捜部の捜査が自民党の議員にまで拡大することはない」と発言している

7e1a541b.jpg

.

...

.。

戦後のアメリカ支配からの脱却、マスコミ・官僚・検察・自民党・統一教会・CIAの旧システムの解体こそが「小沢一郎」の悲願であるというのが小沢擁護論の本質である。

.

第2章 検察最大のタブー

我々は「東京地検特捜部」を正義の組織と思いこんでいないであろうか?Photo_3 

2001年に元大阪高検公安部長だった「三井環」が検察の裏金について内部告発し、テレビ局の収録当日の朝に突然逮捕された事は、あまり知られていない。

「検察庁が国民の血税である年間5億円を越える調査活動費の予算を、すべて私的な飲食代、ゴルフ、マージャンの「裏金」にしていることを、現職検察官として実名で告発する・・・」

.

事の発端は大阪地検の「加納駿亮」(かのうしゅんすけ)検事正の私的裏金流用が発覚し、刑事告発されたのが始まりである。

当時の検察は「加納駿亮」検事正の検事長昇格を内閣にお伺いしていたが、内閣は事件のシロクロを迫り、検察はクロにも関わらず面子の為にシロと回答し内閣に対して昇格人事の承認と裏金問題の幕引きを要請したのである。

当時の検事総長は「原田明夫」である。Photo_4           

(写真右:原田明夫氏)

検察は小泉内閣に対し大きな貸しを作ってしまったのである。

現在の「管直人」副総理の準備で進められていた検察の裏金暴露は発表間際でとん挫した。

以後、自民党の小泉・安部・福田「清和会」内閣、麻生内閣には検察の捜査は及ばず、違法行為も黙認される状態となったのである。

日歯連闇献金事件

原田検事総長、任期途中で退任

緒方公安調査庁元長官逮捕事件

本年1月18日「三井環」は刑期を終え出所している。

三井環 元高検部長 出所 (読売)

この問題を追求し続けているフリージャーナリスト「古川利明」のHPをご紹介する。

特筆すべき事項として、糖尿病の持病をもつ「三井環」はインスリンの自己投与を続けていたが、拘置所では一切投与を認められずに時には意識もうろう状態であったという。

生命の危険があるにも関わらず、この様な人権を無視した処遇は信じがたい。

古川俊明の同時代ウオッチング

出所後、三井氏は検察の裏金問題の核心と今回の「小沢一郎」問題についてコメントしている。

元大阪高検・三井環氏が語る検察の裏金 前編

元大阪高検・三井環氏が語る検察の裏金 後編

これが検察の実態である。

三井環ホームページ

裏金調査役に元裏金検事

.

.

第3章 勝敗の行方

速報が入った。

陸山会事件:小沢氏3度目聴取 月内不起訴も (毎日)

創価学会お抱えの左向き毎日新聞からの情報である。Photo_5 

検察内部にも相当数の創価学会関係者がいると思われるので、この情報は信頼度が高いと判断する。

小沢起訴は絶対無理

小沢氏を嫌疑不十分で不起訴とした東京地検の処分を不服として、東京第5検察審査会に審査を申し立てた謎の市民団体「真実を求める会」。

検察審議会での11名満場一致。

謎の市民団体の正体

組織防衛が至上命題の検察。

検察は裏金問題がある以上、起訴は不可能。

私の推察にすぎないが、謎の市民団体の協力を得て起訴に持ち込むつもりかも知れない。

「小沢一郎」はこの動きを察知しているだろう。

検察に警告を発するため本日、5月16日に検察の裏金特集番組が放送された。

ただし新聞、地デジの番組タイトルは伏せられている。

ザ・スクープスペシャル第31弾」(テレビ朝日HP) 1

第1部 取材直前の逮捕劇~「検察史上類をみない犯罪の真相」

引用開始

通常、マスコミの犯罪報道は、警察・検察発表など捜査当局から入手した情報に基づいて行われる場合がほとんどです。

しかし、ひとたび視点を変えて、複眼的に捉え直すと、事件は全く違う様相を見せ始めます。

特に裁判員制度が始まった今、私たちは一層、多角的なアングルから
事件を伝えていくべきではないでしょうか。

5月16日放送のザ・スクープスペシャルは、当局発の事件報道からは伺い知れない「もうひとつの真実」に迫ります。

今年春、一人の男が静岡刑務所を出所した。元大阪高検公安部長、三井環65歳。

今から8年前の4月22日、三井は現職幹部として実名顔出しで、鳥越俊太郎に「検察の裏金問題」を内部告発しようとしていた。

さらに、GW明け、朝日新聞が大々的に報じ、民主党が衆議院法務委員会で追及、三井も自ら参考人招致に応じて裏金作りを証言するという青写真であった。

しかし、鳥越のインタビュー3時間前のまさかの逮捕劇。
容疑は、マンションを購入した際、ウソの転入届けを提出したなどの「微罪」であった。

ところが、検察側の巧みな情報リークで「稀代の悪徳検事」のレッテルを貼られていく。

三井は裏金問題を封印するための「口封じ逮捕」だとして、法廷でも闘い続けるが、ついに一昨年、懲役1年8月の実刑が確定し収監されてしまう。

あの取材ドタキャンから8年。鳥越は「忘れ物を取りに行く」ために、あの日と同じ4月22日、同じホテルで三井と待ち合わせた… 

三井が体験した壮絶な8年と、「前代未聞の逮捕劇」の裏側に隠された真相に迫る。

キャスター 鳥越 俊太郎・長野 智子

引用終了

法治国家を有名無実にしてしまった自民党の責任は極めて重大である。

この国に正義は無い。

検察がとるべき道は裏金問題の隠蔽ではなく、過去の過ちを詫びて与野党に関わらず捜査できる本来の姿に戻る事である。

1.国民の知る権利を無視するマスコミの誘導に抗議致します。

2.帰化する事無く、外国人に日本国籍を与える重国籍法案に断固反対致します!

小沢幹事長の暴走阻止の為、クリックにご協力願います。.

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

.

検察の裏金問題の徹底究明を!アンケートにご協力願います。

.

【編集後記】

先日ついに「国会改正法案」が衆議院に提出された。

政治の官僚主導から国会主導への改革という名目で、内閣法制局長官を国会の場から排除し憲法解釈を捻じ曲げて法案を成立可能にせしめる悪法である。

小沢氏肝いり、野党は反発

いよいよ小沢一郎の独裁政治が始まる。

今後の国会審議の行方が注目される。

普天間問題も5月末決着の首相公約は反故にされそうな雲行きである。Photo_8

選挙前の「最低でも県外」、オバマ大統領と交わした「トラストミー」に引き続き3度目の約束も虚しい結末を迎えそうな状況である。

アジアで最も信頼できる国は韓国

しかしながら一方で普天間問題は既に決着済みの情報もある。 

普天間~鳩山腹案の正体

普天間問題半年先送り

総理の真意はいったいどこにあるのか?

鳩山総理の私服を酷評、欧米メディア

民主党政権は明らかに中国を意識している。

我々国民の知らない大きな意志によって日本は変わろうとしている。

自民党の青木参議院議員も突然の引退を表明した。

青木氏引退、後継は長男

自民党は確実に衰退している。

参議院選挙まで残すところあと2ヶ月。Photo_9 

もはやタレントの人気投票状態で、政治家のレベルは低下するばかりだ。

「谷亮子」出馬の真相

「中畑清」出馬の真相

「杉村太蔵」出馬の真相

マスコミの報道に惑わされる事無く、審判を下したいものである。

(敬称略)

web拍手

.

今週の1曲

.

好評バックナンバーのお知らせ

小沢一郎は日本人ではなかった(H22.3 改訂版)

小沢一郎の正体!これぞ爆弾発言!(H22.4 改訂版)

小沢幹事長不起訴決定!国家解体法案の始動(H22.3 改訂版)

元最高裁判事が外国人参政権に待った!(H22.3 改訂版)

朝鮮人の朝鮮人による朝鮮人の為の政治 (H22.3 改訂版)

小沢一郎が選択した中国領日本自治区 (H22.3 改訂版)

第1部 連立政権崩壊!創価学会に接近する小沢一郎 (H22.4.11)

外国人優先のばらまき?史上最悪のこども手当の真実!(H22.4.18)

小沢帝国完成秒読み?「国会改正法」驚愕の真実! (H22.4.25)

小沢一郎と中国共産党の真実!(H22.5.9)

.

次回5月23日(日) 掲載予定!.

.

【推奨サイト】

my日本

やまと新聞

チャンネル桜

国民が知らない反日の実態

FORUM21

..

.

.

緊急情報!H22.5.17

重国籍法案が提出されそうです!

例えば中国人と朝鮮人が自国の国籍を持ったままで

日本国籍を簡単に取得できる法律です!

腐りきったマスコミは沈黙したままです。

.http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou/e/d36d3e34b4f6574cbaabafd64587f04c?fm=rss

.

嘆願書は既に提出されております!

提出内容は以下の通り。


「国籍選択制度廃止に関する嘆願」 「成人の重国籍容認に関する嘆願」
提出人  民主党:(柚木道義・石毛えい子・小林千代美・仲野博子・稲見哲男・寺田学・藤田一枝・首藤信彦)


法務委員会提出人
提出人  公明党:(高木美智代・古屋範子)

緊急!重国籍法案

この法案が可決されると日本は亡国となります。

.

国民無視の独裁政治 小沢 幹事長へ

追伸:政府による口蹄疫ワクチンの横流し!(H22.5.20)

貴方の思いを是非、届けましょう!

お知らせ

7/9 ウエブ ページ開設致しました。

(工事中ですが使用可)

http://kenshin.blog.ocn.ne.jp/