これはもはや報道の自由では無く日本人侮辱罪である!

警告!18歳未満の方は退場して下さい。

皆さんは覚えているであろうか?9932cf62.jpg

もしかしたら初めて知る方も多いのではないだろうか?

2008年6月、毎日新聞の変態捏造報道が発覚した。

毎日新聞社の英文サイト「毎日デイリーニューズ」上のコラム「WaiWai」である。

一応、謝罪らしきコメントはあったが5年に及ぶ捏造報道が海外に与えた影響は少なからずあった。

毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@WIKI

当時の報道記事は殆どリンク切れである。

残っているリンク (この問題を暴露したのが J-CAST である)

毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信 (J-CAST2008.6.20)

英文サイトのコラム、読者におわびします (毎日 2008.6.25)

マスコミとカルト宗教法人、そして左翼の朝鮮勢力が結託した卑劣なデマの拡散が明るみに出たのである。

タブロイド週刊誌でも報道しない様な捏造が明らかな記事を垂れ流し続けた罪は万死に値する。

本来ならば、報道機関として著しい社会的信用の失墜を招いた責任を厳しく糾弾されなければならない。

更に許しがたい事に、6月25日におわびの記事を発表しておきながら、同日に行われた毎日新聞社の第31回定時株主総会において、経営陣が昇格している事実である。

毎日新聞社:株主総会 役員人事など可決・承認 (毎日 2008.6.26)

当時の毎日新聞の経営陣は今現在も、健在なのである。

f8138c6c.jpg

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

あなたのクリックが一人でも多くの方に真実をしって頂けるきっかけになります。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
にほんブログ村

.

毎日新聞社の社内処分発表

●6月27日付け処分内容

社長    (処分無し)                            同月、会長に昇進 (北村正任)

担当常務 (役員報酬10%返上一ヶ月)    同月、社長に昇進  (朝比奈豊)

局長    (役員報酬20%返上一ヶ月) 同月、取締役に昇進(長谷川篤)

次局長   (役職停止一ヶ月)        同月、局長に昇進 (磯野彰彦)

編集部長 (役職停止二ヶ月)                           (高橋弘司)

記者    (懲戒休職三ヶ月)                (ライアン・コネル)

処分の妥当性を検討する為に、社内に設置された「第三者委員会」のメンバー18名の内、毎日新聞の社員は実に14名であった。

                              写真:毎日新聞 北村会長 

正式名称は”開かれた新聞」委員会委員”f3142c5c.jpg

外部委員4名の氏名

吉永みち子(ノンフィクション作家) 

元日刊ゲンダイ記者・テレビ朝日コメンテーター 

関連記事:テレ朝コメンテーターの「我々も民主支えてる」発言が問題に

柳田邦男(作家) 

元NHK職員 、この問題を暴露したネットについても批判。

☆玉木明(フリージャーナリスト) TBS「放送と人権」特別委員会委員

田島泰彦(上智大学教授) 匿名報道主義の反対者

田島教授に求められる情報開示 (浅野健一 1999.7.22)

結局、6月27日付けの処分内容は一切手付かず。

追加処分は以下1名。

●7月20日付け処分内容

事業局長 (役員報酬20%返上一ヶ月)   6月、常務取締役に昇進 (渡辺良行)

役員・記者ら処分 英文サイトに不適切コラム (毎日 2008.6.28)

なんとも軽い処分ではないか?5cf9f33c.jpg

日本社会の、しかも大手報道機関の経営陣の責任とはこの程度なのであろうか?

処分どころか昇進しているのである。

もっとも、処分なんか出来る委員会メンバーで無いが・・・

(写真左:毎日新聞 朝比奈社長)

これでも日本人は怒らない。

なんと慈悲深き日本人。

怒らない日本人を尻目に彼等は益々増長の一途を辿る。

国民を欺き貶める捏造マスコミ連中は、本来の報道精神を失い権力と利権に媚びへつらう宦官と同じである。

毎日新聞社・TBSの本質は反日の変態左翼勢力である。

「日本人が海外で現地の子供狩り(惨殺)をして楽しんでいる」とまで報道しているのである。

マスコミ報道が真実と信じている方は洗脳されている。

そもそもマスコミは巨大な闇勢力の手先なのである。

真の情報は大衆には伝わらない。aa39a852.jpg

それが歴史の常である。

真実は自分自身で調査し、己が判断するしかないのである。

マスコミに笛を吹かれて離合集散する羊であってはならない。

一昔前、「一億総白痴化」という言葉があった。

このままでは日本人の思考能力は失われてしまう。

政治の世界も同様である。

おいしい話には必ず裏がある

既に”公約”は有名無実のうたい文句に成り果てている。

もう投票を済ませた方もおられると思うが、真に日本を良い方向に導く政党は残念ながら今のところ皆無である。

しかし、投票先が無いから棄権すると言うのは誤りだと思う。

支持する政党・候補者が無いなら、支持出来ない政党・候補者を消去してみてはいかがであろうか?

最後に残った政党・候補者に投票するのである。

貴方の一票は日本在住の外国人が所望している貴重な参政権である。

投票率の低下は反日組織票のウエイトを高め、反日議員が当選するのである。

もう、これ以上の反日売国議員を増加させてはならない。

今の日本の政治状況を創り上げたのは、我々有権者なのである。

政治への無関心も反日売国議員を増やす一因になってはいないだろうか?

最終的には彼ら反日・売国議員を選んだ責任は我々自身にある。

あなたが投票を棄権して喜ぶのは、売国議員連中である。

参院選挙、7月11日まで毎日投票日である。

3年先まで国政選挙の予定は無い。

3年後の日本はどうなっているのか?

今回が我々に与えられた最後の審判を下す機会となるやも知れない。

.web拍手

.

参考:おわび:英文サイトのコラム 読者におわびします (毎日新聞 2008.6.25)

参考:毎日新聞「変態ニュース打ち切り」、英語圏読者の反応は?

    (アメリカ在住日本人のブログ 2008.6)

参考:毎日新聞に広告を出していた企業

.

追伸:明子”様へ

毎回のご拝読及びコメント頂きましてありがとうございます。

.

【気になるニュース】

ヤマトと佐川が喜んでいそうです。

トップと現場が責任なすり合い ゆうパック大遅配「必然」だった 

(J-CAST 2010.7.6)

北の湖 元理事長のみ無罪放免ですが、マスコミは沈黙です。

貴乃花の真意「この際、理事会は全員辞めましょう」 (J-CAST 2010.7.6)

二重課税の酒もタバコもガソリンも払い戻しして頂きましょう。

二重課税判決 税の公平性を重んじた最高裁(7月7日付・読売社説)

韓国企業は儲かってます。

サムスン電子4~6月、営業益87%増 過去最高水準に (日経 2010.7.7)

済んだ話を蒸し返して日本人から金を巻き上げるのは、もう許してください。

日韓戦後処理は不十分=「改めて決着必要」-官房長官 (時事 2010.7.7)

中国労働者の暴発を恐れる外国資本は既に東南アジアに移転を開始。

労働者階級は奴隷なのか! ネットで渦巻く怨嗟の声 (JB PRESS 2010.7.7)

自然破壊は中国共産党の自滅である。13億の民は何処へ。

中国人が見る中国 水害・干ばつ・酷暑「百年に一度」の大災害が続くのはなぜか

(大紀元 2010.7.8)

人民(近隣諸国)解放(侵略)軍は、物凄いペースで増強されております。

中国の軍事費は公表の1・5倍 軍幹部が初めて認める (産経 2010.7.8)

地方分権は都道府県格差と汚職が広がる危険性を孕む。

間違いだらけの地方分権で、国民負担はアップ!(JB PRESS 2010.7.9)

.

.

大相撲はついにテレビ生中継が中止になりました。

現政権は「国技」ってのが目障りなのかも知れません。b7c82300.jpg

大相撲と闇社会との関係は、かなり以前から指摘されておりました。

政権交代とは、既存の権益の破壊と移譲にすぎません。

”官から民へ”は官僚から民主党へ

”事業仕分け”は民主党に対する踏み絵と自民党の解体

”中央から地方へ”は長期政権維持の為の基盤固め

いつの時代も権力に逆らう勢力は粛清されるのです。

ふと思いましたが”地デジ”ってもしかしたら・・・

中国人と朝鮮人の為に多国語放送をするのが、本当の目的かもしれませんネ

昨今の日本を取り巻く環境に、この国の行く末を案じずにはいられない日々が続いております。

国民が笑顔で暮らせる平和な社会が訪れるなら、贅沢三昧ではなくて質素な暮らしでも良いのでは無いでしょうか?

弱肉強食の市場原理主義、拝金主義には人間の心がありません。

今一度、自己中心的な考えを改めて”道徳”を見直す事によって、人の心が通い合う思いやりある社会が訪れる事を願っております。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

お知らせ

7/9 ウエブ ページ開設致しました。

(工事中ですが使用可)

http://kenshin.blog.ocn.ne.jp/