六本木ヒルズ森タワーの正体

小沢一郎の権力の源泉はロスチャイルド家とジェイ・ロックフェラーである!

小沢一郎という政治家は何故、恐れられているのであろうか?Hagetaka 

それは、世界の貨幣制度及び金融システムを構築したロスチャイルド家がジェイ・ロックフェラ共々、小沢一郎を全面的に支援しているからである。

ロスチャイルド家

ロスチャイルド家は世界の主要国の貨幣発行権を握っている。

ポンド・ドル・ユーロ・円・ルーブル・元は完全に掌握されている。

つまり、イングランド銀行FRB日本銀行もロスチャイルド家の私物である。

即ち、日銀関係者はロスチャイルド家の配下とも言える。

余談だが、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の設立者である横田滋は日銀の出身である。

ちなみに、ジェイコブ・ロスチャイルドジョージ・ソロスはお友達である。

投資の神様は貨幣発行権をもつ人物と繋がっているのである。

イスラエルはロスチャイルド家が建国したと言っても過言では無い。

ロスチャイルド家は代々男爵であり、エリザベス2世とも親交が深い。

参考:現代ロスチャイルド一族

以下の相関図は参考程度に眺めて頂きたい。

参考:あの人検索スパイシー ジェイコブ・ロスチャイルド

世界を支配しているかの様に錯覚され易いが、ロスチャイルド家は貴族社会の末端である。

所詮、英国王室の金庫番にすぎない存在である。

参考:イギリス王位継承順位 (写真下:バッキンガム宮殿)

Photo_6 

ジョン・ロックフェラー 4世 (ジェイ・ロックフェラー)

このロスチャイルド家に忠誠を誓っているのが、ジェイ・ロックフェラーである。

なにかと話題に上る、デイヴッド・ロックフェラーは叔父であり、本来はジェイがロックフェラー家の正統な継承者である。

ジェイ・ロックフェラーはゴールドマン・サックスの事実上のオーナーでもある。

このゴールドマン・サックスの日本における拠点が六本木ヒルズ森タワー内にある。

GSJH(ゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングス)が本丸である。

日本法人代表取締役社長は持田昌典である。

ちなみにロックフェラー家は貴族では無い。

平民である。(下写真:Goldman Sachs Tower)

Hadoson 

上記、2名による世界戦略の概略をまとめてあるブログを御紹介する。

内容的には、板垣氏の情報と重複している。

http://33109244.at.webry.info/201008/article_41.html

あなたのクリックが一人でも多くの方に真実を知って頂けるきっかけになります。

御協力お願い申し上げます。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
にほんブログ村

さて、本題に戻ってラストスパートしたい。

日本におけるゴールドマン・サックス

この中には、今の日本のキーマンである7名が記載されているので抜粋させて頂く。

以下、経歴も合わせてご覧になると日本の政治状況がぼんやりと見えてくるかも知れない。

fbe9c8d9.jpg

ゴールドマン・サックス日本アドバイザリーボード

出井 伸之 (ソニー株式会社 アドバイザリーボード議長)

稲盛 和夫 (京セラ株式会社 名誉会長)

岡本 行夫 (株式会社岡本アソシエイツ 代表)

奥   正之 (株式会社三井住友銀行 頭取)

勝俣 恒久 (東京電力株式会社 取締役会長)

行天 豊雄 (財団法人国際通貨研究所 理事長)

河野 栄子 (株式会社リクルート 前取締役会長)

(2010年2月26日現在 五十音順、敬称略)

他にも元ゴールドマン・サックスのキーマンを数名ご紹介する。 

日本最大の弁護士数を誇る 西村あさひ法律事務所 の経営顧問。

森生 明 

JPモルガン、リクルート、ジョージ・ソロスと繋がっているネット証券の創始者。

松本 大Soros  (写真右:George Soros)

総務省顧問、成長戦略総合研究所理事長。

山崎 養世

おまけ 六本木ヒルズ自治会役員 特別顧問 森善朗

日本の政治を動かしているのは国会議員では無い。

民主主義とは国民を欺く為の呪文である。

長期の世界戦略を持って、常に変化に即した対応のできる集団が日本を導いている。

それが世界から認められた人握りの官僚であり財界人である。

日本人かどうかは不明である。

このゴールドマン・サックス人脈が現在の日本を席巻している。 

今までは表向き、デイヴィット・ロックフェラーが支配するメディアであった。

CIAと電通の協賛であるロイター共同が垂れ流す朝鮮洗脳カルト宗教は、そろそろ耐用年数が過ぎている。

新しいメディアは六本木ヒルズに集結している。

新聞とテレビ・ラジオから離れた情報社会が形成されている。

それがネット情報社会なのである。

新生ロックフェラー家による新メディアの戦略である。

Photo_3 

(上グラフは総務省資料)

若干ご紹介致します。

筆頭はソフトバンクyahoo孫正義

モバゲー⇒来週10月1日 - 「Yahoo!モバゲー」として正式再オープンする予定。

孫正義は過去にテレビ朝日の買収には失敗したが、朝日新聞の部分的な移転が行われている。

楽天の三木谷浩史はTBS買収に活動中。

Twitterマイクロソフト及びNTTコミュニケーションズが支援。

オバマ大統領、ビル・ゲイツ、孫正義、三木谷、鳩山前首相、原口前総務相らが愛用している。彼らは、ジェイ・ロックフェラーの広告塔である。

KDDI ⇒筆頭株主は稲盛 和夫 (京セラ株式会社 名誉会長) 。

GREE株式会社⇒2010.7.20 六本木ヒルズに移転。

Photo_7 

大手マスコミとネットの世論の差は、この様な背景から生じるのである。

どちらが本当か?と言う議論そのものが不毛である。

結末は決まっているのだが、そこに辿り着くまでの演出が凝っているだけである。

ロックフェラー家の内部抗争が日本国内世論を二分し、しいては中国との外交問題にまで発展するのである。

(写真右下:中国 温家宝首相)

ここは日本である。

内部抗争は日本国外で朝鮮人共々、ごゆっくりして頂きたい。

とばっちりを受けるのはまっぴらごめんである。

他人の家に土足で押し掛け、自分の家だと主張する中国。Onkaho 

賠償金払って謝罪しろ?

調子にのるのもいい加減にしろ!と言いたい。

中国政府の理不尽な要求に簡単に屈服する、菅政権は総辞職せよ!

パクリと弾圧と賄賂が蔓延している犯罪だらけの環境破壊国家。

もはや地球の害虫でありイナゴである。

胡錦濤に媚びへつらう輩は日本から退場して頂きたい。

御支援のクリック宜しくお願い致します。

web拍手 by FC2

.

.

【お知らせ】

噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版) 2010.9.14 より公開

Twitter 公開中

トップページ

.

【気になるニュース】

《国内》

◆あまりにも予想どうりの展開である。

中国、日本に謝罪と賠償要求 船長は帰国、対立長期化も (共同 2010.9.25)

◆中国の面子が丸潰れらしい。チンピラ国家にはうんざりだ。

小泉時代の比ではない、日中関係最大の危機 (JB PRESS 2010.9.24)

◆韓国人ジャーナリストが吠える。朝鮮人にとやかく言われたくない。

日本の弱腰外交は近隣諸国の大迷惑 (JB PRESS 2010.9.24)

◆200カートン買いだめも! 私は財政破綻の為、禁煙に踏み切りました。

森永卓郎のタバコ値上げ防衛策 「一生分買って冷凍保存」は可能か 

(J-CAST 2010.9.24)

◆宗男は獄中から指令か?

松山千春 ムネオに代わって出馬宣言 (日刊ゲンダイ 2010.9.24)

◆モラルは完全崩壊!経済格差と質素倹約は、ここまで到達した。

大学生買春の「トンデモ実態」 「ホテル代ないから」マンガ喫茶で 

(J-CAST 2010.9.23)

◆中国人1000万人移民計画は着々と進行中。

外国人のための弁護チームが今秋、池袋に発足 (日刊ベリタ 2010.9.18)

《海外》

◆駐日アメリカ大使館の日本管理室の判断なのでどうにもならない。

「日本の降伏はアジアに悪影響」―船長釈放で米専門家 (世界新報2010.9.25)

◆エコカー技術もパクらせろって?

中国、エコカー開発を計画 技術譲渡の強要に外資系メーカーが反発

(大紀元 2010.9.24)

◆世界は日本をアメリカと中国の草刈り場と見るであろう。

日本の屈服は早すぎたか (ウォール・ストリートジャーナル 2010.9.24)

◆ベトナムは中国による侵略を受けている。日本のシーレーンは中国が掌握!

南シナ海への米の介入、中国が警告 専門家「領土争議の挑発は内部闘争の証し」

(大紀元 2010.9.22)

.

.

【雑学コーナー】

中国の食料品は毒である!

豚肉、牛肉は食べるな!

驚愕!人工卵のつくり方。

.

.

【政界裏話】

小沢一郎は9月20日、21日に泊りで再度、八丈島に釣りに行ったそうである。

今度のお話合し相手は、公明党の山口代表であったそうだ。

恐らく話の内容は、教祖様の健康状態と後継問題及び来月に予定されている臨時国会への対応であろう。

折しも、公明党の山口代表の無投票当選が決まった。Photo_8 

公明党では代表選は一度も無い。

教祖様のお告げで決まる。

公明党代表選:山口代表、無投票で再選 (2010.9.25)

来月開会予定の臨時国会は相当荒れると思われる。

宮沢内閣不信任決議の再来を予感させる。

相手にされないと思うが、私の持論は小沢・鳩山・菅の猿芝居である。

ロスチャイルド家の御曹司とコンタクトをとっている小沢一郎。

いずれ好まざるも小沢総理が誕生するであろう。

現在のアメリカと中国のパワーバランスは圧倒的に中国が勝っている。

中国によるアメリカ国債保有額は日本を抜き去り、第1位に君臨している。

つまり、アメリカの生命線は中国であり日本である。

さらに日本国債は中国に猛烈な勢いで買われている。

この事実は中国を窓口に経済支配をするというメッセージである。

アメリカの国益を考えるならば、中国と日本が手を結ぶ事は絶対に避けなくてはならない。

しかしながら時代の流れには永く逆らう事は出来ない。

米国債の実態は紙くずである。

大英帝国はスーパー闇将軍である。

最終的に泣きを見るのは黄色人種であり黒人である。

東アジア共同体に向かって時は流れて行く。

次に熱い視線が注がれるのはインドであり、ブラジルである。

(写真下:イスラエルの国会議事堂 Knesset)

Knesset 

.

.

【独り言】

洗脳されている日本人は、飼い慣らされた羊である。

飼い主の権力闘争はあるが、我々は家畜である。

この世の中に正義を見出すのは困難である。

正義は権力者によって捏造された歴史に過ぎない。

白人ユダヤによる支配から逃れるのは本当に大変なのである。

およそ大多数は、僅かばかりの餌を与えられ労働し疲れて寝て翌日また起きる。

最後まで洗脳されたまま人生を終えるのも、生き方のひとつである。

幸せの価値観は、人それぞれである。

権力者が自らの権力保持の為に作り上げた貨幣制度が、家畜を生み出す。

そもそも貴方の望む真の正義とは何かを考えてほしい。

国家を憂う心は大切だが、己と家族の心配の方が先決である。

愛すべきものが全く無いならば、愛国心は生まれない。

沖縄地検に外交問題をなすりつけた仙谷官房長官。

日本人を貶めた愚かな行為は万死に値する。 

温家宝の顔を想い出すと気分が悪くなる。Photo_9

胡錦濤の薄笑いが目に浮かぶ。

やはり在日朝鮮人(白丁)と中国共産党は、日本にとっての悪性癌細胞である。

特亜3国とは国交断絶するくらいの強い覚悟で外交に臨んで貰いたい。

日本人にも我慢の限界がある。

犯罪国家に謝罪や賠償は全く必要ない。

日本の権益より中国での金儲けを優先する企業は、国賊である!

御賛同頂ける方からのクリック御協力願います。

今回はエキサイトしてしまいました。

最後まで御拝読、誠にありがとうございました。

(敬称略)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い