新世界秩序の結末は神権社会

家畜化する地球人類は唯一絶対神の僕となるのか?


読者の皆さん、ご無沙汰しておりました。

数日前から世界各地でデモが発生しているのは、ご存知かと思います。

格差社会への抗議行動と位置づけられておりますが、彼らの自作自演である事は疑う余地もありません。


f8c22b42.jpg
この格差社会を生み出したのが彼らであり、その彼らがデモを誘発させているのです。

彼らの狙いは、恐怖・不安・怒り・悲しみ・争い等を煽る事にあります。

その後は、偽善に満ちた”神”が登場するでしょう。

人々は自己保身の為に祈ります。

エゴの祈りです。

偽善の神は、偽りに満ち溢れた理想社会の形成を進めます。

大多数の人類は、彼らの導きに騙される事でしょう。

彼らはフリーメーソンであり、イルミナティーでもあります。

エホバの証人とも深く関係しております。

参考:レイモンド・フランズ『良心の危機』の読書感想

参考:異端、ものみの塔はフリーメーソン、ユダヤ人から出たもの


d90ecd07.jpg

偽りの祈りが、偽りの宗教を生み出しております。

彼らの巧みな洗脳工作によって築き上げられてきた、エゴに満ち溢れた競争社会。

マネー・マスコミ・宗教は彼らにとっての強力な洗脳パーツ。

紙切れが、人命を支配しております。

彼らの切り札はTPPによって食料を完全支配する事にあります。

誰が、なんの目的でこんな事をしているのか?

興味のある方は、アメブロ版をご覧ください。

 

それでは、真の祈りとは何でしょう?

それは、自分以外の者に対する祈り。

つまり、思いやりです。

そして、感謝の祈りなのです。

私達が日本人に生まれて来た意味。

それは、彼らから日本を守るだけでなく世界を守る使命感をもって転生してきた魂。

あらゆる人種や宗教を超えた魂の集合体が日本です。

世界各地にも同志は大勢おります。

自然との調和を大切にする、共存共栄の社会を目指す心。

それが、和の心だと私は思います。

短文ですが、読んで頂きましてありがとうございました。

.


このブログの存続を希望される方、和の心に共感して下さる方からクリック頂けると幸いです。

祈りは地球を変えます。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い